RLOCK
鍵RLOCK TOP>■原付 鍵>■原付 メットイン

原付のメットインの中に鍵を閉じ込めた!

鍵トラブル
ついうっかりメットインに鍵をいれたまま閉じてしまった!
こんな時にはアールロックにお電話ください!即駆けつけます!

「ついうっかり!」から始まる鍵のトラブル。
原付のメットインの中に鍵を閉じ込めてしまった!というお問い合わせをよく頂きます。注意してても多くの人が「つい」や「うっかり」と閉じ込めてしまうことが多いようです。
実際にアールロックでは、原付のメットインの開錠作業を毎日というほど行っております。
メットインに鍵を閉じ込めてしまった場合、二種類の開錠方法があります。どちらの方法でも開錠できるというわけではなく、メットインの鍵穴の場所によって開錠方法が異なります。

まずは1つはシートの下に鍵穴がついているタイプ。これはピッキングで開錠します。
そしてもう1つはイグニッションと同じ鍵穴でシートを開錠する場合、ピッキングでの開錠は不可能なので、鍵穴から鍵を作成する形になります。
ご依頼頂くお客様の中で、シートの中に鍵を閉じ込めたかもしれないけど、もしかしたら鍵がないかもしれない。といったお声を頂きます。
イグニッションと同じ鍵穴で操作するものであれば、鍵作成をするので、シートの中にない場合でも、作成した鍵をお渡し致しますのでご安心ください。
もしピッキングにて開錠したあと、鍵がない!といった場合には、その場で鍵穴から鍵を作成できるので、紛失したかもしれないというお客様もご安心してお電話ください。

電話番号

 

■海外製の原付のメットイン開錠に関してのお願い

アールロックでは全国で対応しておりますので、海外メーカーによる原付のトラブルは地域によっては対応が難しい場合もございます。

対応できるかどうか、一度お電話にてお問い合わせ頂ければすぐにお調べ致します。

できる限りトラブル解決できるよう、全力で対応させて頂きます。

■自分で無理やり鍵をこじ開けようとすると大変なことに?!
原付のメットインの部分を自分でこじ開けようと、鍵穴に木の枝など使って色々と試してしまうお客様が中にはいらっしゃいます。
ただしこれはとても危険な行為です。無理にこじ開けないようとして、少し間違えると鍵穴自体が鍵としての機能を果たさなくなることがあります。
そうなると鍵穴自体を交換することとなります。アールロックでは原付のメットイン開錠、鍵作成は対応しておりますが、鍵穴の交換になるとバイク屋さんの管轄になります。
費用も全く変わってくるので、鍵がない場合には、プロまでお任せください。しっかりと対応させて頂きます。
(例えば、鍵穴で鍵が折れてしまった場合などは、鍵屋でも対応できるものもありますので、一度担当に確認後、すぐに折り返しご連絡させて頂きます。)

電話番号

 

料金表
0120-979-579
鍵の事なら鍵屋アールロック
お問い合わせ
フッター