鍵屋アールロック

鍵穴に鍵が刺さらない。木の枝が入ってる?


いつも通り鍵を鍵穴に挿そうと思ったら鍵が刺さらない。
この場合の原因の9割は鍵穴に異物が入っています。

異物の内容は様々で鍵の先端が残っていたり、木の枝が入っていたり、中には接着剤が入ってることもあります。

今回はその中でもなぜか一番多い、木の枝にポイントを当てていきます。
なぜ木の枝が入っているのか、ほとんどの場合、子供が鍵を開けようとして木の枝を入れてしまったというのが一番多いようです。
最近では鍵トラブルの特集もTVなどでやっていたり、鍵開け職人などがピックアップされていたりして、それを見た子供が自分でもできると思い、木の枝を突っ込んで開けようとするのです。
また木の枝が一番多いのは折れやすいというのが一番のポイントです。

他の物を鍵穴に突っ込んでも折れることが少なく、鍵穴に何もなければ通常通り使えるため、木の枝によるトラブルが多いということです。もちろん他のものを突っ込んでも鍵は開きません。
以前に一度だけ、木の枝ではないのですが、見よう見まねで鍵穴を回した末恐ろしい子供がいました。
(ディスクシリンダーという簡単な鍵でしたが、最後に専用の道具が必要なため鍵は開いていない)

木の枝が中で折れてしまうと取り出すことは容易ではありません。
もしそういった場面になる可能性があるのであれば、あらかじめ注意を促しておきましょう。



料金表 電話番号

 

対応エリア
北海道
北陸・信越
関東
中部
関西
中国
四国
九州・沖縄
鍵の事なら鍵屋アールロック
お問い合わせ